ここでは、アトピーやアレルギーによる肌の赤みや肌荒れでお悩みの方に、皮膚常在菌に着目したスキンケアアイテムの選び方をお教えします。

皮膚常在菌に着目したスキンケアアイテムには、いわゆる善玉菌が配合されています。
でも、配合されている善玉菌やその他の美容成分には様々な違いが見られます。
なので、アトピーやアレルギーによる肌の赤みや肌荒れでお悩みの方は、次のようなポイントをチェックしてみましょう。

  • 免疫力に貢献できるかどうか
  • 皮膚常在菌の数を確保できるか
  • 肌質の改善に寄与できるか
  • 保湿効果に優れているか
  • 美容効果にも配慮されているか

ザックリした選び方では以上のようになりますが、漠然とし過ぎていて内容が意味不明なんじゃないかと思います。なので、もう少し掘り下げて簡潔に説明します。

まず免疫力に関してですが、美容業界で話題になっている成分があります。
それが「パントエア菌」で、LPSなどとも呼ばれています。

減少したかもしれない皮膚常在菌の数を回復させる方法は主に、善玉菌の補給になります。
代表的な善玉菌が、「乳酸菌」です。

健康的で美しい肌と言えば、「水分量」「弾力性」「柔軟性」が備わった肌ではないでしょうか?
納豆を食べることで、こうした肌質に改善できたという報告も見られます。
参考:http://www.natto-science.jp/woman01.html

肌トラブルの多くは、乾燥と密接な関係にあります。
もはや保湿効果の高い成分は問答不要で必須です。

症状の改善だけでなく、どうせなら美容効果にも配慮されている方が嬉しくないですか?
どんな美容効果が期待できるのかも、併せてチェックしたいものです。